プロフィール

ai

Author:ai
高知県在住。
2009年6月に第一子出産しました。
2011年10月に第二子出産予定!

毎日をなんとなく過ごしながら、楽しく生活できるようアンテナはりめぐらしてます。
只今 子育て奮闘中!
楽しく生きる!がモットーです*

※記入されているレシピや、その感想(または手法)はあくまでも個人的なメモで、その内容を保証する物ではありませんので…あしからず


*********************

ブログランキングに参加してます♪
クリックお願いします♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

にほんブログ村

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
せいちょう記録

script*KT*
せいちょう記録
MEMO*


スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレゼント

Fri.30.10.2009 4 comments
私の誕生日は11月1日。
犬の日。
キティちゃんんと同じ日。
故いかりや長介さんと同じ日。

なのです。

まぁ、そんなことはどうでもいいのですが。

昨日、旦那が帰って来て
「プレゼント」
と言ってわたしてくれたもの。

ママのおなかをえらんできたよ。ママのおなかをえらんできたよ。
(2004/11/30)
池川 明

商品詳細を見る

という、一冊の本でした。

子どもの“胎内記憶”について、まとめてある本です。
先日、仰天ニュースでも同じような特集がされていて、その番組の内容を私が旦那に話したので、それで買ってくれたのかもしれません。

タイトルにもあるように、子どもは私たち親をえらんで生まれてくるようです。
よく子どもは親を選べない。と言いますが、それは違うのかもしれません。
両親を助けるために、お母さんが一番優しそうだったから…などなど、選ぶ理由も様々なようです。

でも、読んでいて
「あー私もこの子が選んでくれたがや」
と思うと、更に更に自分の子どもがかわいくて仕方なくなりました。

兄弟が順番を決めて生まれてきたりとか、
子どもがお腹の赤ちゃんと会話をするのとか、
「嘘やー」
とか言ってしまえばそれまでですが、でも、やっぱり赤ちゃんって大人にはない不思議な力を持ってると、私は思います。
いろんなことにはそれぞれ意味があって、無駄ではなくて…
こうして毎日娘と旦那と日々を過ごせていることって、幸せなことなのだな、と改めて思いました。

余談ですが、水曜ドラマの「ギネ」は、時期的なものもあってか、見てしまいます。
感情移入しやすい私は、赤ちゃんが生まれるシーンを見る度に、じんわり涙してしまいます。

娘が生まれてきた日のことを思い出しながら、もしかしたら、私のお腹の中の居心地が悪かったのか、羊水がまずくて早産になったのかもしれませんが、それでも早く生まれてきてくれたことを、今は嬉しくも思います。

私(と旦那)を選んでくれて、きっと私(と旦那)に早く会いたかったのだろうと。

高級なアクセサリーや、ブランド物にはほぼ興味のない私にはぴったりのプレゼントだったかも、です。
胎内記憶…娘からも聞けるといいな。
スポンサーサイト

« ミルクリッチ食パン* - Home - 久しぶりの… »

- comments
4 comments
子どもも親も選べないっていうけど、やっぱり意味があるんかな。。あるって思いたいでね。
子どもの時は分からんかったけど、今思えば親も必死で模索しながら子育てをしてたんやろうしね。

前、出産前の友達が紹介してて感動した詩→http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Himawari/6637/watasi.htmlなんやけど、これもいいよー。

でもこないだお母さんに育て方間違えたかも…みたく言われショック&びっくり(+o+)冗談やけどね。

旦那さん、優しいやんかぁ~❤さらっとそんなことされるとドキュンやね。






偶然にもさきほど、こども達を寝かしつけるとき、生まれてきたときのコトを話してたんです。

お産は大変なのはお母さんだけじゃなくて
赤ちゃんもめちゃくちゃがんばって産道をとおって
きてるって。
うまれてきてくれてありがとうっ♪と子供たちに言いました^^

育児をしているとたまにこれでいいのかなって
不安になるけれど、私を選んでくれたと思えば
自信が持てそうですね。
mionちゃん★
ねー、なんだか不思議な気持ちになる本やったよ。
でもやっぱり、なるべくして、生まれるべくして生まれてきたんやろうなって、ひしひしと感じる。
もうー、ほんっとに親には色々苦労させたり悩ませたりした!って思うよ…今さらやけど。
育て方間違えた発言は、びっくりやねー。
けど、やっぱりmionちゃんがお母さんの子に生まれてきたのには意味があるがって!他の人の子どもやったらmionちゃんじゃないやろうしねー。

詩…またまた涙ぐんだ私。
かなりの感動屋さんやきね…。

旦那ねー、やっぱり子どもが生まれて変わった部分はいっぱいあるがよ。
あの旦那がねー。それはすごいと感心しまくりまくり。
yukariさん★
私を選んで、ここに生まれてきたかったんや!って思ったら、不安も何も吹っ飛びそうな気がします。

そうですよね。
きっと赤ちゃんもがんばって大きくなって、生まれてきてるんですよね^^♪
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。